肌トラブルも花粉の影響?乾燥肌の方がなりやすい「花粉皮膚炎」

乾燥肌で花粉症の女子

 

 

ようやく暖かくなってきましたが、春は花粉症の方にとっては、辛い季節ですよね。

 

せっかく新しい出会いやイベントが多い季節なのに、目の痒みや鼻水で、せっかくの化粧も台無し・・・なんてことも。

 

それだけでなく、「肌トラブル」も増える季節です。

 

花粉は、肌にも大きな影響を及ぼしているんです。

 

目の痒みや鼻水はないけど、春になると「肌が痒くなる」「肌トラブルが増える」なんて方は「花粉皮膚炎」の可能性があります。

 

そして、この花粉皮膚炎は、乾燥肌や敏感肌の方に多い症状なんです。

 

 

このサイトでは、「花粉皮膚炎」の特徴や予防法についてご紹介します。

 

 

 

乾燥肌に多い「花粉症皮膚炎とは?」

 

疑問女子

 

花粉の影響によっておこる肌トラブルのことを「花粉皮膚炎」と呼ばれています。

 

主に2月〜4月のスギ花粉の時期に多く見られます。

 

 

花粉症皮膚炎の症状とは?

  1. 肌の乾燥
  2. 皮膚の赤み
  3. かゆみ

 

主にこの3つの症状です。
肌のかゆみは、掻きむしるほどの痒みより、チクチクをした刺激による痒みのことが多い傾向にあります。

 

特に「まぶた」「頬」「あご」など皮膚が露出している場所に症状が出やすいのが特徴です。

 

 

乾燥肌に多い「花粉症皮膚炎」

 

乾燥肌の方の肌は、肌表面の水分と油分のバランスが悪く、肌のバリア機能が低下しています。

 

そのため、外からの刺激を受けやすくなっています。

 

そんな乾燥肌の方は、花粉が皮膚から侵入しやすいため「花粉皮膚炎」になりやすいのです。

花粉症皮膚炎を予防するには?

花粉皮膚炎を予防するマスク

 

 

1肌を花粉からブロック

 

外出中は、眼鏡やマスクで顔を露出させない、帰宅したら花粉を落としてから家に入る、など、できるだけ肌を花粉にふれさせないようにしましょう。

 

最近では、イオンの力で花粉をブロックする、顔の上からスプレーする花粉対策商品も発売されています。

 

とにかく肌に花粉が付かないようにしましょう。

 

 

 

2、肌のバリア機能を正常に保つ

肌のバリア機能が低下すると、花粉の影響を受けやすくなります。

 

少しの刺激でも肌がかゆくなったり、ヒリヒリ赤くなるといった肌トラブルが起きてしまいます。

 

肌のバリア機能を高めるために重要なことは「保湿」です。

 

 

肌が乾燥すると肌のバリア機能は低下し、肌トラブルを受けやすくなってしまうので、花粉皮膚炎も起こりやすくなります。
そのため、肌のバリア機能を高めるための「保湿」が重要です。

 

乾燥肌の方は、内側と外側から「保湿」する

乾燥肌・敏感肌の方は肌のバリア機能が低下しています。

 

とくに花粉の時期は、肌が一段とデリケートになっています。

 

そんな時は、低刺激性のスキンケア製品にシフトしましょう。

 

 

また、肌の外側からの保湿だけでなく、内側からの保湿も重要です。

 

不規則な食生活や睡眠不足は肌の乾燥、肌トラブルの元です。

 

規則正しい生活をして、肌のバリア機能を高めましょう。

 

 

最近では「飲むスキンケア」として、オルビスから【ディフェンセラ】という乾燥肌さん向けのサプリメントも発売されています。

 

三浦春馬さんのCMが印象的ですよね。

 

外側からの保湿はしっかりやっているけど肌が乾燥する、という方はオルビスディフェンセラをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

オルビスの公式サイトはコチラ↓

 

 

 

毎年花粉の時期は訪れます。

 

内側と外側からしっかり保湿して、乗り切りましょう。